記事一覧

8.6
isikari

石狩川を下ろうと思った

ゴール地点が家から5分という利便性

水量が豊富なため底をこすらずにいけるし
比較的非力な人でもたいした瀬はないだろうし
安全ではないだろうか!?
そう思っていた

朝起きて
美瑛にカヤックを取りに行って
新橋のゴール地点に車を置いて
永山橋からスタートした
ksen

流れは速いけどさすが1級河川
広々として岩のない流れの中を
流されながら適当に漕いでいると
瀬らしいのがあった
でも1級ぐらいのさざなみである
「今日はこんな感じの波ばっかりだろう」
そうおもっていたら

新道の橋を越えたあたりから
急に川が幅を狭めて
ナイアガラのようなおわん方のおちこみがあった
まあ、角度はなだらかだし岩もないので
たいしたことはなかったんだが
それから2級ぐらいの波がいいかんじで
やってきた
nami

とてもじゃないが初心者なんて無理だ

意外なことに
魚の稚魚はいっぱいいた
ちぎょ

ゴール近くになって波がなくなったころ
ラフティングにであった
らふと


なぜか恥ずかしかった
川の上ではめったに人に会わないからだ

川くだりが終了して
ライダーハウスの予約が入る

外国人らしい

時間があったので迎えに行くと
なんかかっこいい車に乗った2人がいた
くるま

ナックスとジョン

ピンホールカメラのイベントを紋別でやっているので
その関係者らしい
なっくすじょん

よく飲む人だ、面白かったー

よくじつ

調子に乗って石狩川をガイドすると
いってしまったので
昨日に引き続いて朝一で美瑛に行って
カヤックを取ってきて
永山に向かった

一人が波に流された

パドルも手放してしまった

岩に引っ掛かる可能性はないのだが
流れが速くて追いつかない

やっと船を回収したときは
3人の体力がなくなりパドルもロストした

自分の慢心と適当さに反吐が出る

でも、救いなのはマダ午前中なので
いま彼らを解放すれば有効な一日を過ごせるはずだ

そうおもって解散宣言をした

僕らは反省を込めて2日目の石狩川を下った

新しいパドルとウエットシューズを買った

出来ればラーメンをおごってあげたかったけれど
タスクにカヤックマニュアルの作成を追加して
自分への罰を定めた

翌日

カヤックを美瑛に戻したかったので
ついでに美瑛川上流をひさしぶりにくだった
じょうりゅう


美瑛のライダーハウスを見学
閉店していた

梅酒をかってお世話になっている
農家に差し入れ、

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-