記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴン、ドラゴン

朝の名古屋は晴れていた。 自称晴れ男2人にかかればこんなものだ。 というかほっとんどあきらめていたスチールドラゴンに挑戦できることに血が熱くなる。 
 ナガシマスパーランドへはバスで往復1900円だった。 中学生くらいの男女5名様が春先の雀のように跳び跳ねていた。 じつにかわいらしい。

 パスポートをかって一目散にスチールドラゴンにいく。 いやーじつにエグい。 うそだろ?ってくらいの高所から、なにそれ?ってくらいの角度で落下していく。 1時間ちょっと待って乗り込んだ。

 動画で何度も予習していたからコースは頭に入っているものの、5Gの衝撃に胃がセリ上がる。 座席のなかで沈んだり浮き上がったりしながらあっとゆうまに終わる。 だが全身の筋肉と神経を限界まで引きずり出して脳内麻薬はじゅるじゅる。 これで2年越しの恋は片がついた。

 そのあとホワイトサイクロンっていう本当に美しい建築をバイクのように駆け抜けるコースターと、空中ブランコのおやぶんのようなやつをのって、よくわからないごーかーとっぽいやつをのった。 同行のOさんはさらに乗っていたけど、もう心がおれてしまいました、ありがとうナガシマスパーランド。 俺は全力で戦ったよ…
 でも、中学生くらいの女の子がきゃーきゃーいいながらスチールドラゴンにのるんだからすごいよな…ってかおれの胆力の問題なのかな? 普通の人より怖がりなのかな? 昨日の3盗のコツをおしえてくれた居酒屋のマスターも「 スチールドラゴンは爽快ですよ 」っていってたもんなあ。 
 とにかく良い経験をした。 目をつぶればいつでも思い出せる数分間となった。

 名古屋に帰り、適当なラーメンを適当に食べ、本場のスロットをうちにいくというOさんと別れ、おれは再びナゴヤドームにいくためにバスにのった。 
 基線2を萱場で降りてナゴヤドームの脇をすり抜け( 中では八木が黒田と投げ合っていた )昨日目につけていたイオンにいく。 凄いでかいモールだからあるだろう、えーとあった自転車屋さん。 ちょっと高いけどトップバリュの折り畳み自転車を購入して、ついでにお金を下ろす、先週まで引っ掛かっていた宿題があってそれが解決されているのを知りほっと胸を撫で下ろした。 これで本当に身軽にたびを楽しめるのだ。 イオンの自転車やはちゃんとメンテナンスをしてくれるようで2時間ほどまつ。 2年前のあそこなんておばちゃんがいきなり出してきて、さらに気分で値上げしやがったからな、今回はちゃんとしたところでちゃんとした普通の自転車を買おうとおもっていたのだ。

 ソファにどっかりと腰を下ろして文庫本を読んでいたら燃えよドラゴンズがエンドレスでかかり、道行くカープファんは暗い顔をしていて、中日ファンは浮わついている。 すごい、八木が黒田にかったのだ。 ファイターズにいたころblogを読んでいて、かわいい子供が2人いて、それでも結果がでなくてトライアウトで中日に拾われていたのをちょっと気にかけていたんですよ。 がんばれ、八木、と。 子供にかっこいいところを見せてくれと。 昨日の居酒屋のマスターいわく「 いや、彼は明るかったですよ 」ってことらしいので、中日で再度輝いてくれると思ったとたんにこの活躍。 ほんとうにすごい、おめでとう。

 イオンでお土産をかい、時間が来たので自転車を受けとる。 「 これで北海道かえるんだ 」というと喜んでくれるのが嬉しい。 だっておもしろそうでしょ、おもしろいってのが大事だ。
 彼女にメールでお披露目すると はちみつ太郎号 という名前をもらう。 これからよろしくな、はちみつ太郎。

 栄まで人に道を聞いたりメールでヒントをもらったりしながら漕ぐ。 12階に駐輪所があって、そこにとめて繁華街を練り歩いた。 人がなだれ込んでいるクラブやご当地アイドルの握手会や路上ドラムデュオなどをながめ餃子を食べて終わり。
 はちみつ太郎
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。