記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝2時とか3時に起きる。出発は4時だ。9時の飛行機なのでそれで問題ないのだけれど、遠足にいくわくわくからこんな早朝に起きてしまう。 8時にはついてしまった。
 ジェットスターのチェックインを無事に済ませて、あとは飛行機が来るのをまつだけ。 しかし、アナウンスがあり1時間以上遅れるらしい。 実にLCCらしいが、まあ飛ぶんならいいや。 結局11時過ぎに千歳をでて、名古屋におりたったのは13時過ぎ。 とりあえず名古屋駅まで行き、小倉トーストをくって、時間は早いけど野球場にいくことに。 バスで210円。
 ナゴヤドームは住宅街に囲まれたお椀のようだった。 歩きながら酒屋でご当地ビールをのんで、スーパーで味噌カツ、エビフライ、竹の子筑前に、豆ホタルイカなどをかってまた飲む。 スーパーの休憩室を見渡すとおなじように野球をミルまえのエネルギーチャージをしている人がちらほらいて「 やはりスーパーは良い 」という結論に達した。 やはりスーパーは良い。

 ナゴヤドームは結構入っていた。 甲子園よりは座席が広いのでそれほど苦しくはないけれど、通路までいくのにかなりの膝を跨がないといけない場所だったのでじっとしている。 3時間もしないで試合は終わった。 中日の勝利、だが良いゲームだったとおもう。 ビジターの巨人もファンがぎっちり入っていたし、楽しそうだった。

 再び名古屋駅に戻ってホテルには入り、初日の締めに手羽先を食う。 
「 世界の山ちゃんあるかなあ? 」と探したらあった、しかも3件ならんでいる!? 商売の効率をつい心配してしまうけど、これが良いんだろう、これが良いからこうなったんだろう。 手羽先はなるほどというスパイシー味。 12時前に寝る。

朝、カプセルホテルの窓から見る景色は、雲がビルの上部まで降りてきて、アスファルトはうっすらと濡れていた。 道行く人は傘をさしたりささなかったりしているから、小雨か霧雨なんだろう。
 まあ、予想していたことだ。 モーニングを食べに、たしかマウンテンとか有名な店があるはずなので同行のOさんのスマホで検索し、てくてく歩いて喫茶マウンテンにはいる。 おもったよりひっそりした店で初老の男性が一人でやっているようだ。 メニューもなく「 なにのみます? 」といってきたのでとりあえずコーヒー「 自動でトーストがサービスでつきますので 」というあたりで、ここが有名なマウンテンではなくただの検索に引っ掛かったマウンテンという喫茶店であることがわかる。 たはー

 で、気を取り直したいところだけれど、なにせ小雨だ。 ナガシマスパーランドに電話してスチールドラゴンの営業確認をする、はいやってませーん、計画はあっさりと変更され名古屋城と裁判傍聴とトヨタミュージアムになった。
 それから名古屋城行きのバスを求めて4ヶ所くらいバス乗り場を行ったり来たりする。 原因はスマホに頼りすぎ。 運転手やバス停に書いてある行き先すら信用できず、スマホさんは絶対だとおそらく駅前の工事で変更になった幻のバス乗り場を探していたのだった。 まあ、名古屋駅のバス乗り場には大分詳しくなったのでいいや。 歩く。

 先に裁判所についたので、そのまま傍聴する。 交通事故を起こした露店商のせがれの裁判だった。 名古屋の運転は荒いというしね、裁判に地方色を感じるのだった。

 名古屋城はすぐとなりだった。 ぐるっとまわったあと、ドテニとビールがやたらうまかった。

 足がぱんぱんになっているけど、なんんとか駅まで歩き地下鉄を乗り換え、リニモという未来チックな無人モノレールでトヨタミュージアムへ。 いやーいいですね。 それほどディープなかーまにあではないけれど、車という乗り物がちょっとずつ改良されて行くのがわかる。 こち亀でしか知らない車や心に響くデザインの車などに出会えたことは収穫だった。
 冬の間だけ車がほしくなる。 しかし夏はのらないし、冬だってなんとかなっているから全然必要ない( 普通の人のバイクに対する価値観だ )から、ただ道行く車のデザインや乗り心地を想像するだけなんだけど、それの究極地点に来てしまったんだな。 夕方から雨は本降りになる。

 夜は栄で野球居酒屋にいくことにした。 せっかくだから繁華街の雰囲気をみてみたかったのだ。 BUNTはもと巨人の川相をリスペクトしている手羽先が旨い店で、店長と僕らしかいなかったのでいろいろしゃべった。 テレビの野球中継をみながら食う自慢の手羽先はなるほど旨い。
 っていうか昨日の山ちゃんより全然旨いのだ。 僕たちは「 これが手羽先か 」としゃっぽを脱いだのと同時に( 山ちゃんだけで手羽先は語れないな、っていうかあんまり美味しくなかったな )と川相選手をリスペクトする店長と浅尾投手の3年ぶりの指のかかりが来たって言う話にしみじみと名古屋を感じたのだった。 
スポンサーサイト

コメント

ありゃ!近くに来てたんですね!

Re: タイトルなし

> ありゃ!近くに来てたんですね!
いやー満喫したよ。 これから東京へ向かうのだ❗

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。