記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町田庚「告白」をよんだ
実際に起きた河内十人切り事件をテーマに書かれた苦しい小説である
読んでいて 苦しい と感じるのは久しぶりな感じだ
もしフィクションであるのならば、人殺しにいたるまでのプライドを
傷つけられるなんて意図も簡単であろう

 「あいつにshineといわれたんだ!」名探偵コナンより

んで、ズシャー!と人殺し事件が発生する、しかし現実ではどうか?
河内十人切りでは嫁を寝取られ、貸した金をなかったことにされ、
だまさればかにされだまさればかにされついには決行にいたるのだ

それまでずーっとむかついていたので
主人公熊太郎が宿敵の一家を皆殺しにするシーンになると
胸がスカーっ!っとするのだ「 やったれ!熊太郎! 」となるのだ
一家皆殺しのむごい事件の首謀者の肩をもってしまうのである
すごい小説だった

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。