記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭とちんぽ

チベット仏教にはカルマと徳の感覚が高層ビルと基礎のようにがっちり組み込まれて
中国の兵士に電気棒を膣につっこまれた女性も
「 彼の来世のカルマ(業)を想うとかわいそう 」と言ったらしい
そんな朝5時くらいのテレビを目覚ましにおきる

「 さみしさの周波数 」を読む
事故で指一本の感覚しかなくなってしまった人と残された家族のストーリー
かなしいお話だが短編小説でしかあらわせない物語もあるのだなと

職場である旭川中央郵便局はわりと昔からある鉄筋コンクリートの建物で
今では非合理的とも言われちゃいそうなくらいの太い柱やでかい空間が結構好き
4回にあるでかい休憩室でぼーっとしながら他人の話を聞いていると
男のコミュニケーションには2つの型があることに気づいた
つまりは「 銭とちんぽ 」である
笑い話に共通項は大切なファクツだけれどもありきたりすぎてつまんねえ
「 きのうOくん家とまったのか?ヤったのか? 」とたのしそうに振られたので
「 ええ、ガチホモファックで最高でした 」とこたえる
ギンギンのちんぽから糸引いてましたよっていうまえにどっかいってしまった

大晦日はoさんの家にとまる、ボクシングを見ていた
チャンピオン内山に顔面をぼこぼこにされながらも
10Rにはなったロープ押し込みからのウルトラ右フックがカウンターできまって
チャンピオンダウン!しかし結果は判定負けだったけれど
あの全身全霊ウルトラメガトン右フックはすごかったな

「 シュガータイム 」をよむ
炭や土を食べる異食症という病気があって原因は
寄生虫というのだからすごい。 寄生虫の意思が乗り移ったのかのようではないか
本筋とはなんら関係のないことだけど

元旦、すべてはシステマティックに動いていく
昔は終了後に酒が飛び交っていたらしいけど
今では限界まで働き続けるだけ
「 郵便局 」というなぞの鎧武者にぶっ殺されるイメージをよく見るが
もちろんそんなのは存在しない、存在しないものからは逃げようがない
人間はシステムの許す穴に刺さっている人生ゲームのキャラのようなもので
そう想うとなんだかとてもさびしくなってきた吹雪の元旦だった
だがまあそのさびしさってのはそんなに悪いものじゃない

初日の出
れttttgはついひ

あけましておめでとうございます、今年の目標はとりあえずラノベを書いてみること

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。