記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス書院文庫かよ

古本屋で目に付いた100円くらいの文庫本を大量に買い置きして
冬の通勤中に読むのが好きです。 選ぶ基準は著者買い、タイトル買い
などでほぼランダムだけど、なぜかセックスという単語が多い。

川上弘美の「 ニシノユキヒコの恋と冒険 」では2ページに1回は
セックス! 村上龍の「 ライン 」ではSM!セックス!セックス!!
フランス書院文庫のほうがまだ節度があるゾ!

でもまあ、娯楽小説にセックスはつき物、牛丼に紅生姜であります。
青少年に囲まれながら電車の座席で読みふけっていると、横の男子が
日本史Bを勉強しているではありませんか、大変興味をそそられ
眼球をうごかして盗み読んでみると「 55年体制の崩壊、細川 護熙内閣の誕生 」
っておじさんそれ知ってるよ! 歴史の参考書で勉強することかよ!と
思ったのでした。 

個人的にはもちっと昔の空想とでっちあげのような歴史がすきなんだけど、
当の男子は本を開きっぱなしで寝ている状態、まあしょうがないか
せっかくだから55年体制についてググる。

うっすらと覚えているのは自民党の政治腐食にいやけがさして、そこに
細川護煕というカッコイイおじさんが神輿に乗って首相になったということ。
担いでいるのがイチローこと小沢一郎先生、暗躍してるなあ…。 55年というのは
巨人のV9とかの期間をあらわすのではなく、1955年(昭和30年)からスタート
したから。 背景にはバブル崩壊があった。 支持母体は労働組合だった。
なるほど。 経済の新陳代謝に対してクレーム、でも自分たちも自由経済にとっちゃ
ガン細胞ってことに気づいてはいなかったんだろうなあ。

郵便局に採用になって、組合のレクレーションがあるというので
「 なんだろ?何か楽しいことをするのかなあ? 」と思っていたら
とつぜんのビデオ上映会が始まり「 今度の選挙はこの先生に入れてね 」
「 もし入れなかったらわかるんだからね! 」と組合の職員が言い放ったのを
覚えている。 いやあ、世の中は腐っていて本当に楽しいなあ。  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。