記事一覧

旅と京都

京都に行ってきました

京都

紅葉の時期ではあったけれど
実際どれくらい色づいているかは分からず

両親が京都のどこに行きたいかも
聞いてなかったので

というか
旅行の前日までどこに行くかも教えない
ミステリーツアーだったので

予定は
宿泊先(ゲストハウス2泊)と
海遊館という大阪の水族館だけ

自分で組んで楽しむスタイルにしました

いい男
うほっ! いい男!

無線の講習にいき
頭がE層までとんで
危ない電波と同調しそうになりながら
来週試験に通れば晴れてアマチュア無線技師4級です

2日後の朝4時におきて
高速に乗って
キンキンに冷えた朝日に感動して
空港に着きました

ここでかっこよく自動発券機で
チェックインしようと思ったら
なぜかはじかれる

せなかに冷たい汗をかいて
係員に詰め寄ると
「JALに行け、ばーか」
(ご予約のこちらはJALさまの便でございます)
といわれました

じゃl

キーンと関空について
JRで弁天町までいき
地下鉄中央線に乗り換えて大阪港につきました

憧れのジンベエザメちゃんは
日本最大級の巨大水槽で
ゆったりと
サービス満点に
およいでました

らせん状に折りながら
1つの水槽をいろんな高さで楽しめるのは
すばらしいアイデアだと思いました

ただ、セイウチがいればいいのに

おいおいおいあ

どうでもいいことだけど、どうめいちゃん、かわいかったです

再び中央線で梅田まで行き
そのままJRにのって京都へ

初めて入る京都駅のステキさに
うちのめされながらも

京都駅にはきたことのある両親は
さっさとバスツアーの物色に入りました

するとちょうど1時間30分後に
夜のライトアップ紅葉ツアーがあったので
それにしました

宿にチェックインして
駅前のスタバッぽいところで
かるくサンドウィッチなどを小腹に入れて
夜の紅葉を見に行きました



やっぱりちょっとだけ早いみたいで
真っ赤に染まったもみじを浴びるイメージはまちがっていて

「あっ!、あそこの木ちょっとだけ赤い!」
という紅葉狩りでした

だけれども
夜の寺というのも
すばらしく怪しく

LEDで庭が青く光る庭とか

本尊(国宝)だけ下からライティングされた
まっくらけっけの本堂(国宝)
とか

団塊の世代のこころをわしづかみにした
ステキな声のバスガイドとか

なにより
現在の紅葉状態をきけたことが
このツアーを選んでよかったと思えたことでした

どう
ほんとうにかわいかった、どうでもいいことだけど

次の日

バスガイドの情報を頼りに
保津川くだりをやめて高雄にいきました

バスチケット高雄乗り放題800円

で、京都の町並みからぐんぐん離れて
山に向かって30分

朝の空気が残る9時ごろ
神護寺につきました

観光団体パックツアー
がまだ来る前だったから
いるのはわずかなお客さんと
開店準備の御茶屋さんだけ

紅葉はガイドの情報どおりばっちりでした

みずあめという不思議なお茶を飲んで
せっかくだからつげのおというところまでいって
散々歩きまくったところで
やはりガイドのいっていた
京都御所にいきました

こえろ
こえろ! どこ?

再びバスで二条城までいって
地下鉄烏丸線で御所まで行きました

無料公開中の天皇陛下のもと御住まい
ほぼ現役続行中
門をくぐれば
何のためか良く分からないくらいひろい通り
広いお庭
すばらしいおつくり

厠に行って、旅の間ためっぱなしだった
雲湖をしました、
マーキングです

狭小住宅の匠だったら
100人くらいの住宅が作れるくらいの
蹴鞠を
するだけのスペース(京都市内)
があるのであまり感じられなかったのですが
わんさかと
人がいました

新宿みたい
と、ゲストハウスの東京人もいってました

うん
マンキということか

そのご、予定の行動はできちゃったので
両親は行ったことがあるのでもうしわけなかったけれど
33ゲンドウ
33
に行き
竜神雷神、阿吽の仁王像、からす天狗ぞう、1001体の千手観音、全て国宝
を見ました、像はここがいちばんよかったなあ

足が悲鳴を上げていました
歩きすぎです
ツアーコンダクターとして申し訳ない限りですが
そのまま向かいの国立博物館に行って

お宝の数々(国宝)を見ました

仏像の面が縦に割れて
中から仏像が見えている奴とか

源頼朝とか

鳥獣劇画とか

日本刀とか見ました

ほんもんの日本刀が見れたのは良かったのですが
ジャンプ的なイメージあったので
ほんものはただの人きり包丁だなあって感じ

うん、よってない
よってないよ

食べ物はそのばそのばのシュチュエーションで
適当に美味そうなところに入りました

大阪ではうどんやにはいって
吉牛を越えるスピードで肉うどんが出てきました

駅の近くのおでんの赤提灯で
うまうまおでんをたんのうして
とくにだしまきとなすとやまいもは感動のおいしさでした

御所の近くで
ラーメンと焼き飯の2種類だけの中華料理屋で
教室の机ぐらいの大きさのテーブルと
大人二人が並ぶには無理があるいすにすわって
牛すじの入ったチャーハンをくいました
美味くて思い出に残るあじです

祇園で食ったたこ焼きは
やはり出汁がたっぷりの
ソースいらずのおいしさでした

朝はなぜか駅の近くのホテルに入り
モーニングセットを頼みました
朝ぐらいはどうだっていい
と思っていたのですが
思ったよりすいていて
安くて
スポーツ新聞が読めて
京都っぽい女将さんがいて
おいしかったです

この
腹が減ったら適当に食うシステムは
けっこう好評でした

ぎrj
new

ゲストハウスの談話室で
でっかいドイツ人
東京から来たSE
不思議な雰囲気の女性
あかるいゲストハウスヘルパーで

酒も飲まずにかたりあっていると
loveとはなんぞや
と、ドイツ人(ドラマー)が語りだしました

どこからともなく柿とりんごが出てきて
SEとどこの県の女の子がかわいいかという話になって

ヘルパーが実はドイツにステイしていたらしく
ドイツ語会話勉強会が始まり

妖艶の女性が一生懸命辞書を引いてドイツ人と話してました

いい宿でした
キレイで安くて
両親は
さがすことが出来ない
といっていたので、ちょっとツアコン冥利につきました

ねる
ねる

帰りの京都駅で両親が昆布をもらってました
北海道からの修学旅行生が
地元の宣伝のために配っていたらしいのですが
誰ももらってくれないからもらってください
ということだったので、(北海道人ですと断っていたが)
もらってきたらしいです

余計な距離を大移動するはめになった昆布はとてもおいしそうですが
配り方に問題がありすぎるとおもいました

らいとにんぐそーど

帰りの道すがら
富士山登山をすすめて
来年は¥のよゆうがあったら
ベトナムに行こうとやくそくして
終了
あしいて
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蜂の宿

Author:蜂の宿
北海道美瑛町でライダーハウスをやってます

にほんブログ村


月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-